「学校行きたくない」

8月ももう終わりですね。

うちの方は9/1から新学期。

もう始まっているところも多いようですね(*^^*)

個性開花セラピスト いわくらえりかです。

 

はじめましての方はこちらをまずご覧ください

→  【重要なお知らせ】今後の活動につきまして

 

image

こどもが「学校へ行きたくない」って言ったらどうしますか?

息子が学校へ行かなくなったのは、3年前

小学5年生の時です。

 

はじめのうちは

「お腹が痛い」と言うので、病院へ行ったら「盲腸の疑いがあるとのこと

自宅安静になりました。

 

だからお腹が治ったら、また学校へ行くだろうと思っていました。

 

「学校へ行きたくない」とは言いませんでしたし、学校生活での不安も全くなかったので

 

はっきり言って、心配していませんでした。

 

でも、盲腸ではないとわかっても腹痛は治らず

「精神的なものではないか」と病院で言われ小児の心療内科を紹介されて

 

そこで初めて「不登校」という言葉が、頭を過ぎりました。

 

休み始めて1か月くらい経っていたと思います。

 

その頃から私の中で、「原因探し」が始まりました。

 

なんで学校へ行かれないんだろう

なんでお腹が痛いんだろう

なんで

なんで

 

息子に聞いても

「わかんない」と繰り返すだけ。

 

わかんないって!!!

自分のことがわからないの???

わかんないって何がわかんないのよ!!!

バカじゃないの???

 

って本人にも怒鳴ったりしたことがあったと思います。

 

(実はその頃の事、よく覚えていないんです)

 

でも、それでもまだ

「学校へ行きたくない」とは言わなかったので

「本当は行きたいのに行かれない」のだということが、

私の中では希望でした。

 

行きたいなら、行かれない原因を特定して排除すれば行かれる

 

また友達と仲良く遊ぶ息子のすがたが見られるようになる。

 

そう思っていました。

 

でもね、ある日

「行きたくない」って言ったんです。

 

 

ショックでした。

 

行きたくないんだ〜

 

そっか〜

 

頭の中真っ白。

 

そんな時、相談に行っていた臨床心理士さんに言われた言葉に衝撃を受けたんです。

 

学校は行かなくちゃいけない場所じゃない

 

「まず、学校へ行くのは当たり前という考えを捨ててください」って。確かそんな風に言われました。

 

ビックリしました。

 

今だったらすんなり理解出来るけど、あの時はとにかくビックリ。

 

でも藁をもすがる気持ちでしたから

まず私が「学校へ行かなくてもいい」と思う事にしたんです。

 

「息子さんはすっごいいっぱい頑張って、頑張りすぎてブレーカーが落ちちゃった状態だから、まずはゆっくり休んで充電しましょう」

 

なんかね、ストンと納得できたんです。

だって、頑張らせていたのはきっと私。

 

思い当たることはたくさんありました。

 

だから、思う存分休んでもらおうと決めたのです。

 

 

長くなっちゃったので、続きは明日。

 

 

サロンメニュー

 

メニュー一覧

 

開催日は、リクエストにお応えしております。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

LINE@という、サロン用のアカウントを取得しました。
ブログではお伝えしきれないこと、お友達登録してくださった方限定メニュー、お得な情報など不定期で発信しています。

普通のLINEと同じように気軽にトークも出来ます*\(^o^)/*

登録していただけたら泣いて喜びます!

登録はこちらから↓

友だち追加

 

ボタンから登録できなかった方は、ID検索してみてください。

ID → @vfh6027u