『つまずき』を『気付き』に変える

Twinkle Happy*いわくらえりかです。
 
 
 
 

小学校の土曜参観に行ってきました。
 
小学2年の次女は支援級に在籍しています。
 
 
周りの音や視界に入るものが気になりやすく集中できないので、支援級の教室の中でも、先生の机のすぐ脇の、棚で少し区切られたスペースに次女の机がありました。
 
 
さらに、最近行き渋りが強い次女に合わせて(今日も久しぶりの登校でした)
「好きな事をやっていいよ。」というスタンスで見守ってくださっています。
 
 
今日は編み物やお絵描き、作文やダンス、合奏練習(トライアングル)やアイロンビーズまで!
 
ひとつひとつに集中する時間は短いけど、いろんなことを先生と一緒にたのしんで取り組んでいる様子を見ることができました。
 
先生方が次女の状態に合わせて臨機応変に対応してくださっていて、次女の得意なことを見つけては褒めて伸ばそうとしてくださっていることも大変有難く感じました。
 
 
 
うちの学校の支援級は、在籍人数も少なく、アットホームな雰囲気です。
 
 
この時期、いま年長さんで4月から支援級を検討されていらっしゃる方は、いろんな学校を見学されている頃ではないでしょうか。
 
おしゃべり会などで他校の支援級の話を伺う機会がありますが、学校によって、また同じ学校でも先生によって、支援級も様々です。
 
 
どうかお子さんに合った学校が見つかりますように。
 
 
 
 
過去のブログはこちらです