体育祭に想う

『つまずき』を『気付き』に変える

Twinkle Happy* いわくらえりかです。

昨日は運動会だったところも多かったようですね。

相模原は涼しくて、過ごしやすい陽気でしたので、きっと子ども達も全力でプレー出来たのではないでしょうか。

うちの中学一年生の息子も体育祭でした。

ほとんど登校していないし、体育祭も行かないと言っていたのでそのつもりでいたのですが

前日の夜に「ちょっとだけ顔だして、先生に挨拶してすぐ帰ろうかな」と言い出しました。

びっくりしました。

就寝前、自分の言い出したことにプレッシャーを感じ始めた息子。

軽くパニック状態になりながらも

「朝一で行ってすぐ帰る。」

と決めて寝ました。

でも結局行かれませんでした。

朝起きてきて「やっぱり行かない。」と言われた時

私は自分で予想していた以上にガッカリしてしまいました。

ちょっとでも行ってみようと思えた事は本当によかったと思うし、それで充分なのだけど

体育祭の空気の中にいる息子を見たかったんですね、私。

前にも似たような事があってブログにも書いて気持ちの整理をしたつもりだったんだけどなぁ。

この後の息子とのやり取りを、何度もここで書いては消して書いては消して…を繰り返してます。

詳しく書くのはやめました(*^^*)

結局ずっとモヤモヤを引きずっていたけれど、息子の気持ちを聴いてみたら、別に何か特別な返事があった訳ではないんだけどスッキリしました。
あなたがそう決めたのならそれでいいって思えたから。

一日中モヤモヤしていたのに、嘘みたいに吹っ切れたのには自分でビックリ(笑)

途中カットしちゃったから、何が言いたいのか分かり辛いですが

色んな日があってもいいね。

一日の中で色んな感情が味わえる日があってもいいよね。

ということでした。

明日も笑顔で

IMG_2906-1

過去のブログはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です