『つまずき』を『気付き』に変える

Twinkle Happy* いわくらえりかです。
 
 
私が小学生の頃、母にこんな事を言ったそうです。
 
 
「人はそれぞれ違う速さの時計を持っているんだから、そのペースで考えてあげて。」
 
 
私の妹は、何をするにも時間のかかる子で、勉強もなかなか進みませんでした。
 
そんな妹に母は当時、「せめて『普通』にできるように」ととても厳しく接していました。
 
母は私のこの言葉にハッとしたそうです。
 
残念ながら、私は憶えていませんが(^^;;
 
 
でもこの話を母から聞いて、母親になった私は、小学生の私の言葉にハッとさせられます。
 
 
子どもにも、それぞれのペースがある。
 
 
焦らず耳を傾けて、秒針の音を聴こう。
 
 
明日はおしゃべり会。
 
とっても楽しみです(*^^*)
  

過去のブログはこちらです。